無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

破産者が融資を受ける方法とは

かつて自己破産をしたけれども、融資が必要になることは誰にでもありますよね。会社を設立したり、自家用車や住宅のローンを組んだり、子供のための結婚式の費用や教育ローンが必要という人もいるでしょう。
定職について月々の収入もあり、破産をした状態から見事に立ち直ったという人は少なくありません。特に自己破産してから何年もたっていて、その間、借金などもしていないという人なら、融資をしても大丈夫そうな印象も受けるでしょう。
ところが、自己破産についての記録は意外に長く残っています。クレジットやローンを申し込んだ人は、信用情報機関というところで個人情報を登録されるのですが、自己破産や任意整理を行った場合は、そのことも記録されます。融資をする側はその情報を審査の際に照会するため、ローンを申し込みに行っても、かつての破産を知られて、審査を通らないことが多いのです。信用情報については、本人が請求すれば情報を開示してもらえるので、融資の申し込みをする前に、確認しておいた方がいいですね。
自己破産についての情報は、破産してから最長で10年は残ると言われているので、もし10年以内に融資を受けたい場合は、他の方法を考える必要があります。
実際に多くの人が使っているのは、配偶者や家族が融資を受ける方法です。会社の設立であれば、家族を代表にして審査を受ければ、その人の年齢や職業にもよりますが、破産経験者よりは条件が良くなる可能性が高いでしょう。

 

脚痩せエステ
大阪@脚痩せエステの人気ランキング☆

 

すっぽんサプリ

Copyright(c) 2015 自己破産した人でも融資を受ける方法はある? All Rights Reserved.